山とメスティンと廃人。

いつか本当の頂を踏み占める日まで

【第2歩】自己流・登山靴の選び方

山に登る際に重要なこととして、まず

 

登山靴選び

が挙げられる。手ではなく己の足で登るのだから重要性はかなり高し。

本格的な登山にはあらゆる場面を想定してそれに対応した登山靴を選ばないと痛い思いをしてしまうのである。

軽いウォーキングをする程度の低山では動きやすいスニーカーなどでも対応出来てしまう。私もこれまでは

NB

で済ませていた。あ ニューバランスのことです。

それ故に普段使いのスニーカーブルースでベイビーになりました。いやニューバランスが悪いとは言いませんしニューバランスの登山靴があったりするのかもしれませんが、特にソールの形状が滑りやすく踏ん張りが効かない場面が多々あった。尻もちで済んだのが幸いだが下手したら足首の捻挫も起こりうるぐらい靴は重要なのだと実感したのであった。

 

そこで検索窓に❝登山靴❞と打ち込み検索してみた。

するとどうだ、ありとあらゆると登山靴の選び方講座がウジャウジャと湧いて出て来たではないか。さすが文明の利器。スマホ様万歳。

1つではなく2つ3つ目を通して判断する慎重派。結果1つの答えが出た。

 

★登山靴は必ずお店で試し履きしてから購入しましょう!店員さんにアドバイスをもらいましょう★

 

である。登山初心者は熟練のアドバイザーの助言をいただくのが無難であるとどの講師も口を揃えて言っていた気がしたのであった。右に倣えと私は山といえばの好日山荘に行ってみることにした。

家からは最寄りの店でも1時間を要する。そしてコロナ禍においてこれでもかと言わんばかりの。登山人気を実感した。

お目当ての登山靴ゾーンに目を向けてみる。さすがの山専門店だ。低山、高山、雪山などの用途別で分けられていた。一通り目にして手に取りしてみたが気付いたのは

 

良い靴はどれも高し。

 

高い目標を設定するなら値段も高くなるのよってことか。それにしても3万越えは想定していなかった。それと店員さんに声掛けする勇気もなく、密という恐怖におののき一度退散することにした。登山靴の相場を知れたし実物を見るのだけは良い機会であった。

再びホームに帰ってきた私は再び検索窓にすがる。。

そしてあろうことか暴挙に出る。

 

 

 

 

f:id:mestintin:20210214085444j:plain

 

 試し履きせずレビュー頼みでぽちった☆

 

色とメーカーロゴが決めて❥

知る人ぞ知るブランドマムート。

ネットの登山靴講師たちの教えを破り、つい勢いで購入してしまったのだが運良くジャストフィットだったのが幸い。

 

これが私流登山靴の選び方

 

である。よい子はぜったいにマネしちゃだめだぞっ♫